読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百代の夢に 雪ぞ降りける

あらゆる創作作品に対する感想を気ままに述べるだけのブログ

暗記・音読・教養について

その他

  最初から自慢話っぽくなってしまいますが、私は頭はあまり良くないし、教養深い人間でもありません。しかし、記憶力だけは人並み以上には優れているという自負があります。記憶力といっても、その中の短期記憶のことなのですが、まずは簡単な記憶の種類について説明します。

 ①瞬間記憶

 例えば誰かの電話番号を教えてもらったとき、人は一瞬ならその番号を記憶することができます。これを瞬間記憶と私は名付けています。この記憶は数秒程度で消えてしまい、しかも数字七桁分くらいしか記憶できません。

 ②短期記憶

 瞬間的に得た情報を繰り返し脳に刻むことで短期的に物事を記憶できます。この記憶は海馬で蓄積され、睡眠によって必要な記憶と不要な記憶に分別されます。だいたい一ヶ月程度は残ります。

 ③長期記憶

 短期記憶で得た知識を何度も何度もインプットすることで脳がそれを必要な知識と判断し、長期記憶を司る分野へ移されます。この記憶は数ヶ月から一生残ります。混同や障害などでアウトプットは上手くいかないことが多いですが。

 

 さて、他にも色々記憶の種類はありますが、まずはここらを紹介しておきました。

 私は瞬間記憶に関しては人並み以下だと感じますが、短期記憶はそこそこのものだと思います。何故ならば、私は今までほとんどの試験は一夜漬けですらなく朝漬けで乗り越えてきたからです。十回程度文章を読めば3行程度の文章ならば2日くらいは記憶できると思います。これによって朝のちょっとした勉強で中高はともにテストでは軒並み95-100点を取ることができました。脳の海馬は大人になってからも成長するようで、私は大学生になって更に短期記憶の力が増したような気がします。

 しかし、これでは駄目なのです。

 分かりますよね。私はいくら短期記憶にたくさんの情報を詰められるとしても、一週間もすれば平気で覚えたことを忘れてしまっています。これじゃあ知的な人間とは言えないでしょう。私は短期記憶に頼りすぎた結果、長期記憶にストックされた知識があまりにも少なすぎるのです。そのため、通年の法律講義において、前期はSをとっても、後期では前期の分の知識を忘れてしまっているので思うように結果が出せなくなってしまいます。

 こんな人間が将来何の役に立つ?!

 そこで私はこの短期記憶を活かして少しでも知識を長期記憶に残せるよう、一年以上をかけて色んな方法を実践、改良してきました。

 そしてある日、私はある記事に出会いました。それが只管朗読という概念に触れたものでした。只管朗読とは、ただひたすら文章を読むこと。それを百回千回と繰り返すことで体に染み付くように覚えられるというのです。この方法は英語の文章暗記でよく用いられます。英語は正しい発音をすることが大事なのでこれではちょっと危ないんじゃないか? などと思いましたが、そこで私はぴんと来ました。これを概念暗記に使えばいいのではないか、と。

 抽象概念を暗記するのって難しいですよね。商法の名板貸しとは何か、ベルクソンの純粋持続とは何か、美術の綜合的キュビズムとは何か――こんなことをスラスラと他人に説明できる人はなかなかいないでしょう。この解決策としてよく挙げられるのは、丸暗記はせず理解をしろ、理解をすれば覚えられる、というものです。私はこの方法には断固として反対したい。何故ならば、人間はいくら理解しようが忘れるものは忘れるからです。理解すれば覚えられる、そんなのは綺麗ごとであり、過信であり、傲慢です。私はいくら美少女ゲームや映画で感動しようが、忘れるものは忘れます。

 じゃあ、どうすればいいのか。

 音読です。只管朗読です。

 ひたすら文章を読んで一字一句丸暗記してしまえばいいのです。理解は後から勝手についてきます。レミニセンス効果については先日お話しました。抽象概念なんてものはそもそも一日で理解しようと思うのが間違いです。最初は理解できなくても、音読を続けて文章を覚え、それからも何日も何日も音読を続け、ある日それが理解できるようになっているのです。生活の実体験のうえでその知識を理解することができればなお良いです。理解して暗記、ではなく暗記して理解、の方が多くの知識を吸収できます。最初から理解しようとうんうん悩んでたら先に進まないですからね。

 さて、音読の効用はこんなものではないです。

 音読のすごいところは、文章を一字一句しっかりと暗記できることです。文章を読むだけではなかなかこうはいかない。

 さて、文章を一字一句覚えるということがどこで役に立つかというと、それは引用です。明治大学斎藤孝教授は著書で引用をする力がその人の教養を決めると言っています。例えば、最近のライトノベルはパロディが多い作品が増えています。パロディが上手いとその元ネタを知っている人からは「この作者はなかなか分かっているな」と思われます。下手な人は「寒い、つまらん」とSNSや匿名掲示板で叩かれまくるでしょう。さてさて、昔から引用をできる力というのは非常に重要なものと考えられていました。寺子屋なんかでは漢文の素読を行っていたため、色んな漢文をそらで言える子が多かったそうです。

 引用する力の条件とは、正確に記憶していることと深く理解していることだと私は考えます。詩や小説の文章なんかは助詞の一つでも違えば一気にリズムが崩れることがあります。これではいけません。リズムを理解することは文章を書くときにも役に立ちます。リズムが悪い文章は読んでいて苦痛ですからね。それに深く理解していることが必要なのは、もはや言うまでもないでしょう。なんか良い文章ないかなあ、あ、じゃあこの本から引用、コピペっと・・・なんてやっているようでは下手な引用から抜け出せることはありません。インターネットの普及により、情報検索時代が到来していますが、これも考え物ですね。

 ここで逆説的に考えてみたいと思います。その人にその文章を引用する力が備わっているならば、その人はその文章に対して正確な記憶と深い理解を持っている、と言う事ができます。つまり、その人には知識の土台があるということです。こうなるともう最強です。何故ならば、新しいアイデアや改良というものは確かな土台があって初めてできるようになるからです。0から1を生み出す能力というのは99.999%の人間には不可能です。0から1を生み出した人物って誰か思い浮かびますか? 私はニュートンとかアインシュタインくらいしか瞬時に思い浮かびません。皆さんが0から1を生み出したと思っているようなアイデアでも、実はあらゆる知識の土台がもととなってできあがっていることがほとんどなのです。そのため、私たち凡人がやるべきなのは、やはりしっかりと知識の基礎を固めて、それを改良できる力をつけることでしょう。和歌や短歌を千首万首も覚えて引用できる力があるならば、それを改良して自分の歌を作ることだってできるのです。小説だって、美術だって、音楽だって、科学だって同じようなものではないでしょうか。現代美術はなかなかに理解されにくい分野ですが、抽象画が生まれる流れをしっかりと勉強して知識の土台を作ると楽しめるようになります。夏目漱石だってラノベみたいな文章だって言う人もいますが、あらゆる土台となった作品に触れることで、漱石ってなんて教養深い人間だったんだと気付くことがあります。

 楽しむためには、知識の土台を作ることが大切です。サッカーも野球も同じ。戦略や選手の個性を知らないで深く楽しむことはできません。そのためにも記憶の理論や音読などの方法論を駆使して、たくさんの知識を身に付けてください。人間は知らないことはなかなか認知できませんが、知っていることには細かいところまで目が届く生き物です。人生を充実にしたいならば、深い教養を。

 それでは今回はここまで。書きなぐりの文章なので推敲してません。ごめんね。

 

・私のブログで語られる持論は科学的な裏づけは一切ありません。参考にしたり参考にしなかったりしてください。科学知識についても書きなぐりの文章ゆえに間違っているかもしれませんがあしからず。何せ、私にはまだ引用する力が備わっていないので。今回は自分を戒め、奮起させるための動機付けに記事を書かせていただきました。